« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

No.036 なつかしのゲーム

最近のゲーム事情というのは、テレビゲームと携帯型ゲーム共に任天堂が絶好調らしいですね。
プレステと任天堂の戦いは、源平合戦を見ているようだ。。。
プレステは完全に方向性を見失っているなぁと思うのはわたくしだけでしょうかね?
スペックばかりを追求していますが、大概の人はおそらくテレビゲームでは、プレステ2で十分だろうという意見なんでしょうね。
元々プレステが任天堂を蹴散らしたほど、ゲーム業界でのし上がった理由の1番は、ソフトの豊富さと多様化だと思うのですが、その十八番を任天堂に取って替わられた。
特に携帯型のゲーム機、DSで大成功。
遊ぶだけの子供のアイテムだったゲームを、勉強や生活に必要なツールにまで変えた。
購買層の幅を広げる為のソフトを開発した。
さらにそれを、テレビゲームWiiにまで応用して、操作性の容易さを武器に、お年寄りまで買ってもらおうとしている点はすごい。
ただ、あのリモコンは何であんな持ちづらい形なのかわかりませんが。。。(´ー`)┌
どちらもわたくしは持っていませんが、DSは持っていても損はしないだろうなとは思う。
英語の教材としても使えるし、電子辞書にしてもいいしね。
わたくしが買わない理由は、個人的に小型化はあまり必要性がないので多少かさばっても、もっと汎用性の高い機器に進化しないものかと思っているから。
現在のDSはまだまだゲーム性の高いソフトや機能しか持っていない。
ゲームは好きだけど、遊んでいる時間があまり作れない。
ただそれ以外の事で活用できる機器にならんかなぁと思っている。
抽象的ですけどね。


ゲームは好きだと書きましたが、初めて買ったゲーム機は、初代のファミコン! ではなく、何故かツインファミコンでした。
当時はソフトがカートリッジ型の普通のファミコンもあったのですが、ディスク型のソフトもあり、ツインファミコンは両方遊べるというのが売りでして、それで買ったのだと思う。。。
わたくしが1番好きだったソフトが今も昔も変わらず、推理系のソフト。
ジャンル的にはアドベンチャーになるのでしょうか?
中でも1番最初に買ったのが、忘れもしない “ミシシッピー殺人事件” だ。'`,、('∀`) '`,、
これすごいですよ。
何がすごいって、利用者に不親切でとにかくありえないほど笑っちゃう推理ゲームで有名。
どんな内容なのかというと、

海上を航行中の豪華客船で殺人事件が起きる。 乗り合わせた探偵チャールズ卿と、助手ワトソンが事件を調査し、犯人を推理、事件を解決させる。

というもの。
まず始めに挙げたい突っ込みどころは、探偵とその助手の名前。
助手のワトソン!?
それって、シャーロック・ホームズの助手役でもあるワトソンのことか?
しかし探偵役が、ホームズでなくチャールズって微妙に名前変わってます!!
あれかな、ホームズとワトソンだと版権に問題ありだからなんすかね。。。?
肝心の主役がなんちゃってホームズなのが笑える。
そしてこのチャールズ卿は、プレイヤーが操作するのですが、探偵役であるにも関わらず、己が犠牲者になる可能性があるというスリリングな趣向。(´ー`)┌
というのも事件の調査で訪れる客室に、落とし穴があったり、どこからともなくナイフが飛んできたりするのだ。
もちろん落とし穴に落ちればチャールズは死ぬし、ナイフが脳天に突き刺さっても死ぬ。
死ぬと即ゲームオーバーなのだ。。。
なんというか、推理ゲームと、スーパーマリオのようなアクションゲームを合体した感じっす。
落ち着いて推理なんかしちゃいらんない。。。

さらにこのゲームの難易度を高めるというか、利用者に不親切な設定が、容疑者らから聞ける話を3つまでしかメモリー出来ず、一度聞いた容疑者に再び質問しても、皆口を揃えて、 “もういいました!” としか言ってくれないのだ。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
その3つというのは、犯人に対しての証拠としての意味でメモリーされるのだが、複数の人達が話す内容のうちどれをメモリーするか。。。かなり悩まされる。
証拠として関係のない会話をメモリーしても、犯人に提示した時に、それがどうしたと返り討ちに合う危険性があり、事件が解決できないのだ。
それよりも1番プレイヤー泣かせだったのが、何故か、セーブ機能がないことだろう。。。(´ー`)┌
ありえん、絶対ありえないだろうと思う。。。
あれ、プログラムミスなんですかね?
他のソフトはちゃんとセーブ機能あったのになぁ。。。
当然の事ながら、このゲーム終わらせた事は無いです。(´ー`)┌
無理、絶対無理。'`,、('∀`) '`,、

見事終了させた人に聞きたいです。
犯人が誰かはもちろんですが、あの落とし穴はどうやって作ったんだよ? と。。。

当時は他にも、山村美紗原作のキャサリン・シリーズや、西村京太郎原作のトラベル・シリーズ、探偵神宮寺三郎シリーズが人気推理ゲームでしたが、わたくしが最も好きだったのが、 『ファミコン探偵倶楽部シリーズ』 だ!
シリーズといっても、 『消えた後継者』 と 『うしろに立つ少女』 の2本だけ。
両者ともディスク形式で、前後編の2枚組みになっている。
ゲーム方式は選択式で、探偵役は当時珍しく学生。
内容としても遺産相続を巡る殺人事件(消えた後継者)と、学校での怪談事件と時効間近の殺人事件を解決する(うしろに立つ少女)もので、オーソドックスな推理物なのだ。
しかも本格的なミステリーをゲームで実現したことでも評価は高いと思います。
このシリーズもっかいやりたいなぁと思ってるんですが、新作でもいいんですけど。。。ダメかな。。。

いろいろ思い返してみると、以外と最新の技術で作られたゲームより、ファミコン時代のゲームの方が面白く感じますね。
 
 
 
 
 
(  ゚_ゝ゚) { 年のせい?
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

No.035 ボード・パニック

パソコン環境で異常事態が続いてると以前に書きましたが、またまたその第3弾です。(笑)
異常事態というか、単なる掲示板の迷惑投稿の話と、事後報告なんですけどね。
一応これで打ち止め。。。(´ー`)┌


ココログで利用している雑記(このページ)で、以前、プラグイン方式のBBSを設置してました。
うちのブログは常日頃閑散としているので、こいつがあまり活かされることは滅多にないのですが。。。(´ー`)┌
たまに人様のブログを訪れた時に、記事と関係の無い事を書きたいなと思うことがある。
その時、記事に付随しているコメント欄を利用するのは失礼かなぁと思ったりするのです。
相手が親しい人ならばOKなんですが、ネット上のお付き合いという事になると気が引ける。
そういう事もあり、自分のブログでは管理は面倒だが、BBSを設置しています。
更新状況とか、ちょっとしたメモ代わりとしても使えるので、あっても不都合ではないですしね。
そこで最初に設置したのは、見た目も、使い勝手も良い、 “CHOBI(ちょび)” というところの無料サービス。
ここはプラグイン用のBBSとメールフォームの利用が無料。
ただし、荒らし対策用の気の利いた設定は無い。
当初は荒らしや、スパム目的の輩は来なかったので、そのまま利用していたのですが、最近になって、エロ系のスパム投稿がされるようになった。
大概は1日に1投稿という感じなんですが、それを毎日削除するのも面倒になって、半月ほどブログから外していました。
端からブログに訪問してBBSを利用しているとは思えなかったので、おそらくブログからはずしても投稿は続くだろうと予想していた。
しばらく経ってからBBSを調べてみたのですが、やはりブログから外しても毎日のようにスパムっていた。(´ー`)┌
無駄と知りつつも対応策を、CHOBI側にメールで質問してみた!(マタカヨ)

その結果。。。返信なし。(´ー`)┌

だろうなぁ。
特にここのサービスにこだわる理由もないので、あっさりCHOBIを見限り、FC2でそれなりに使い勝手の良いBBSを再度設置してみました。
今後どうなるのかはわかりませんけど。(´ー`)┌
 
 
  
 
 
 
(  ゚_ゝ゚) { ひとまず落ち着いた。。。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.034 メール・パニック

パソコン環境で異常事態が続いてると以前に書きましたが、その第2弾です。(笑)
異常事態というか、単なる迷惑メールの話なんですけどね。


わたくしはココログだけでなく、FC2でもブログサイトを開設してまして、そこの1つに貼っていた、メールフォームを利用した悪質なメールだ。
始まりは6月の上旬頃、変なメールが送られてくるようになった。
その内容としては、タイトルは文字化けしているので何だかわからない。
メールアドレスもURLも入力していない。
コメントはわけのわからない英文が4、5行書かれているだけ。
その内容もエロネタで、単に容量を増やすだけの為にコピペしたようなもの。
商業目的だとしたら、メアドもしくはURLが入力されていないのも変だし、専用(?)のプログラムを使用して機械的に送信するにしても、20通とか、50通というようにきりよく設定すると思う。
しかし、届くメールは全て28通とか、76通というように、きりが悪く、いかにも手動で操作しました感がある。(´ー`)┌
以上のことからも嫌がらせで送りつけているように思う。
笑ってしまうのが、毎日1回というのが規則正しい。
っつか、日課になっている模様。
これが、普通にメールソフトを介して、直接送信してくるのなら対応も簡単なのだが、メールフォームを利用しており、FC2経由で送信されてくるので、対応がちょっと複雑になってくる。

なので、こちらでなるべく調べられることは調べてから対応しようと、いろいろ探ってみた。
まず、メールに付加されるIPを見ると、全て同じプロバイダ経由で送信されている。
しかし、1番解せないのが、送信されてきたメールの全てのIPが異なることだ。
これが、時間を置いて送られてくるならわかるが、1分間に約20通という速さで連続して送信してくるのに、IPが全て異なるというのはよくわからない。
わたくしはシステム関係のプロでもないので、方法はあるのかもしれないですが。。。
対応するホスト名もなく、IPの割当国はなんと、ロシア!!
ロシア人がうちのサイトを読むわけもないだろうに。。。
誰かが身元(ホスト)がバレないように、串を刺してアクセスしているのだろうか。
こっそりアクセス解析を取り付け、その間にメールフォームについて調べてみる。

そもそもメールフォームを設置したのは、メールアドレスを不特定多数に公表したくないという理由からだ。
それには当然、迷惑メールのターゲットにならないようにとの配慮なのである。
しかし、ブログで設定できる簡易メールフォームを調べてみると、ブラウザのソース表示で簡単にロジックがわかる上、メールを送信後にブラウザの戻るボタンで、送信前のページのあっさり戻れて、恐ろしいことにその時点で再び送信が可能なのだッ!(゜ロ゜)
これにはわたくしも驚いた。
つまり、原始的な方法であれば、送信後、ブラウザの戻るボタンを押してページを送信前に戻し、再び送信するという事を気が済むまで繰り返すだけで大量連続迷惑メールの出来上がりなのだ。
これを手動で毎日チマチマやるヤツも相当暇なヤツなんだなぁ。。。(´ー`)┌
そう考えると、1日に送られてくるメールの量にムラがあるのも分かる気がする。
気分が乗らない時は21回(戻るボタンを入れたらその倍)クリックする。
気分が乗ってる時は98回くらいがんばれる、みたいな。。。
もっと他にやりがいを持てる事は無いのか心から心配してしまうが。(´ー`)┌
だが、これじゃなんの為にメールフォームにしたのかわからないという本末転倒な状態だ。
メールフォームにして迷惑メールがくるんじゃ意味ないじゃんよ。
そこで、他に方法がないかFC2のサービスを探してみると、独立した形で汎用的に利用可能なフォームサービスなるものがあった。
無料提供なので、早速試しにメールフォームを作成してみた。
個人的にはブログに直接貼るタイプが好きなんですが、テスト段階なので文字リンクで流すように設定。
利用方法を見る限り、設定を変えることで荒らし対策が可能。
その詳細は敢えて書くことは得策ではないので控えますが。。。
ただ実際使ってみないとわかりませんけどね。

準備万端で様子をみていたのですが、思わぬ事態が待っていた。
既にメールフォームは新しいものに設定しなおしているにも関わらず、いつも通り(笑)迷惑メールが送信されてきたッ!!

(゜ロ゜) あれ?

“受信してしまった” という事実よりも、もっと別な現象にビツクリでんがな。
送信されてきたメールの形態が、前のメールフォームの形態だったからだ。。。
普通にブログからメールフォームを利用して送信しようとしたら不可能な現象。
念のため、アクセス解析を調べてところブログに訪問した記録なしときた。

つまり、ヤツはブログを介さないで古いメールフォームを利用しているということになる。

わたくしが知っている限り、やり方はいくつかある。
ここで明記するとその手口を利用するバカが出てくるので敢えて書きませんが、そこまで相手が手間暇かけてやるとなると、本格的に対応しなくてはなるまい。

しかしさきほども書きましたが、このメールフォームはFC2経由で送信されてくるので、一応、FC2側に質問しみようと思いメールを送信!
その返答もまたビックリだった。'`,、('∀`) '`,、
質問内容に関しては控えますが、わたくしのような素人でも調べがつきそうな事柄に対して、


“わかりません” だった。。。( ゚Д ゚;) はぁ?


んなわきゃねぇ~だろうが。-y( ̄Д ̄)。oO○
取り合えず、IPくらい調べがつくだろうがッ!
こっちは素人なりに調べがついてんだよ。タコが。
その確認の為の質問ですら、返答出来ない状態。
システムを管理してるヤツがわからないで済ませるのはエンジニアの風上にもおけねぇなぁ。
っつか、こちとらのメールすらちゃんと読んでない始末だ。

“こちらでもどのような手口で、メールを送信されているのかは確認することができません。”

などと、 ●田←担当者 のヤツは書いてきやがった。
ブラウザの戻るボタンで簡単に出来ることはわたくしが調べたし、それもちゃんとメールに書いた。
●田のボケはそれすら再現実験しなかったとみえる。
っつかさ、ど素人のわたくしですら、それくらいの想像力は働きますよ。
他の方法もあげろって言われても考えられますよ。
挙句の果ては。。。

“メールアドレスを変更してみてください。” だとよ。。。

どうよ!? この短絡的思考回路!!
何の為にわたくしがメールフォームを利用しているのか、何の為に質問メールを出したのかという “意図” を全く理解していない。
メールアドレスの変更なんてな、おまえに言われるまでもなく、やろうと思えばいつでもやれんだよ、このうすらトンカチ。
さらに言えば、わざわざメールアドレスを変更しなくても対応できる方法はいくらでもある。
それぐらいの知識も無いようで、問い合わせ担当なんてしてんな、このボケナスが。
明らかに面倒で調べる気がないのがわかる対応だ。

クレーム担当者の最悪な例だよな。。。
質問してくる人間は、解決策はもとより、 “何故そうなったのか?” そこが1番知りたいわけよ。
所詮、 “無料” サービスだからそれがまかり通るんでしょうね。
しかし、こんな対応で給料貰えんだから楽な商売だ。(´ー`)┌
“わからない” と答えるだけなら、犬でも猿でもできるぞ。

ボケじぃちゃんよりもボケている●田の全く役に立たないアドバイスはこの際無かったこととし(笑)、当初考えていた対応策を取ることとしました。
あらかじめ予想していた結果なので。。。(´ー`)┌


それにしても、この荒らしの心理というのがよくわからない。
普通、掲示板やブログのコメントなどの場合、あからさまに嫌がらせを行うとしたら、あまり執拗にやらないということがポイントだと思うのですが。。。
大抵が、 “書き逃げ” で、自分の言いたいことを言って去る輩が多い。
ただ、自分の言動に相手がどう反応するのか、それは見てみたいという好奇心は絶対あるはず。
書き逃げとは言いつつも、放火犯の心理と同じで、その後どうなったか必ずそのサイトに訪れるものなのです。
そして、管理人の反応を画面越しにニヤニヤしながら楽しむ。
それが荒らしの腐れ根性なのです。
しかし、執拗に荒らせば必ずプロバイダに通報されて、そこから警察が介入してくるのは明らか。
いくら匿名性が利点のネット社会とはいえ、度を超せばお縄頂戴になるのです。
わたくしの場合、それがメールという手段で行われているわけです。
相手はメールフォームで送れば足がつかないと思っているようですが、メールフォームでのメールの内容には、必ず送信者側のIPが付加されてきます。
なので、その道のプロが調べようと思えば、簡単に調べられる。
その辺をどう理解しているのかがわからない。
荒らすにしてもそれなりの知能は必要なんですけどね。
奇妙なのは目的が今ひとつわからないということ。
本当に嫌がらせしたいのであれば、誹謗、中傷するような文章であってもおかしくないのだが、エロ文章でしかも英文。
それを読ませてどうしようっつ~のか。。。
( ̄~ ̄)ううん。。。 何度考えてもわからない。。。
 
 
 
 
 
(  ゚_ゝ゚) { どんなミステリーよりも謎。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.033 フォント・パニック

久々の更新です。
ここ数週間かなり忙しくて、雑記を書く時間が全く取れなかった。
まぁ、雑記ですから、書いても書かなくてもどうでもいいっちゃどうでもいいんですがね。(´ー`)┌
何故かここ数日、パソコン周りの事で悩まされてました。
重なる時は重なるもんだ。


わたくしは数年前から 『ウィキペディア』 を利用してます。
フリーの百科事典サイトで、手軽に情報(画像なども)が取得できるので重宝してます。
情報の信憑性を判断するのは難しいところですが、ネット利用者でネットで流れる情報を鵜呑みにする人はあまりいないと思いますしね。
わたくしはいつも自分が持っている情報が正しいかどうか、つき合わせする程度に使っています。
しかし、文章を読む時に苦痛と思っていることがあった。
それは、フォントが何故か、 “楷書体” なので、字が潰れて読みづらくて仕方が無かったのだ。
何で、MSゴシックじゃないんだろう? といつも不思議に思っていた。
頻繁に使うサイトでもないので、我慢していたのですが思い切って質問してみようと思い、ウィキペディア側に質問メールを送信!
ところが帰ってきた返答にびっく仰天!!

ウィキペディア側では、フォントの指定を一切行っておらず、利用者側のブラウザで変更して下さいなんて言われちゃったぜ。'`,、('∀`) '`,、

いまだかつて、ブラウザのフォント設定なんてしたこたないぜ~
おかしいなと思いつつ、ブラウザの設定を確認したところ、さらに仰天。

ちゃんと、MSゴシックに設定されていた。
当たり前じゃん、そんなところの設定なんてしたことないんだから初期値のままだろうに。

( ̄~ ̄)どゆこと?

試しに明朝体だとか、丸文字だとか、他のフォント設定してみたが、全く微動だにしないのだ。
何が何でも楷書体で表示したいらしい、うちのパソ子は。(#`-_ゝ-)ピキ
他のサイトはどうなんだろうとサイトを変えてフォント変更にチャレンジしたところ、指定したフォントに変更出来るッ!!(゜ロ゜)

えぇ~ッ!?

なんで、ウィキペディアだけ楷書体以外のフォント変更が出来ないと!?
わからん、わからなすぎ。
有志で行っているQ&Aサイトにもこの疑問をぶん投げてみたが、あーせい、こーせいといろいろアドバイスを頂いたわりには、どれも徒労に終わった。。。
くっそ~、こーなったら、削除してやれッ! と、ヤケクソでフォントフォルダの全てのフォントファイルを削除してみた。
(実際は、システム上必要なファイルは削除出来ないようになっているので、それ以外のフォントが削除された。)
そうしたところ、これまた驚きッ!!

今まで楷書体でしか見たことがなかったウィキペディアが、MSゴシックで表示されてるよッ!!!ヽ(゚∀゚ )ノ

成せば成るもんだなぁ~(´∀`)
でも、MSゴシックっつ~のは、システム上必要なフォントファイルだから、削除はされてないので実質何も変更はされてないはずなんですよね。
なので、この現象のしくみも理屈も全くもってよくわからないのです。
大体にして、フォントをブラウザで変更しても、変更できないって現象もよくわからないのですがね。。。(´ー`)┌
まぁ、取り合えず直ったから良しとするかと、ホッとしたのも束の間、それが新たな事態を招いてしまった。
ウィキペディアは正常に表示されるようになったのですが、今度は他の一部のサイトでフォントの表示が大変なことになってしまった。
これもどのサイトがOKで、どのサイトがNGっていう共通点を見いだせずわからないのですが、検索や選択などで利用される、ポップアップメニューの文字が、どこの国の文字だよっていうか、どこの宇宙人の言語だよッ!? ってくらい化け化けの文字になってしまった。
よく利用しているサイトで、HMVのサイトがそれだ。( ̄~ ̄)
他にも変な表示になるサイトはあるのですが、利用頻度からいってHMVが化けられるのは困る。。。
同じようなポップアップを利用しているサイトでは、アマゾンとか、セブンエンドワイとか、有名どころはたくさんありますが、そこでは全く正常なのに。。。わからん。
ブラウザのフォント表示はMSゴシックだし、他のフォントに変更しようとすると、表示されているページの内容はちゃんと変更されるのに、何故か、ポップアップで表示されている文字だけは変更されない。
何が何でも変わらない! のだ。。。。゚(゚´Д`゚)゚。

もっかい、フォントフォルダのフォントファイルをいじくってやれと、やけくそ気味でやってみたら、楷書体(またもおまえか。。。)でなら何とか正常に表示されるようになった。。。
正常といってもあくまでも応急処置でしかないが。

それにしても変だよぉ~

その後も、どのタイミングでなるのかわからないのですが、ウィキペディアが楷書体で表示されるという悪夢の再来を向えたり、特定のサイトのポップアップメニューの文字が、宇宙人語になったり、楷書体でしかも縦書き(笑)になったりと(頭を横に傾けて読めと?)、2時間サスペンスでもありえない、2転3転と変わる状況になっていたりする。
最近は落ち着いた(?)のか、今のところ不都合なく使えてるのでまっいいかで済ましてます。
本当だったら、フォントファイルだけインストールし直すのが一番なのでしょうが、わたくしのパソ子はかなりの年代物なので、そんな補修工事に対応していない。
やるなら、システム毎再インストールという大掛かりな大工事となってしまう。
それはちょっと避けたい。。。
なので、堪忍袋の緒が切れるまで現状維持なのです。。。
 
 
 
 
 
(  ゚_ゝ゚) { わたくしのパソは、予期せぬ事態ばかりに遭遇します。。。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »