« No.010 i love M - 070225 | トップページ | No.012 ミミだけですかい? »

No.011 ある日、森の中、熊さんに出会った

森珍一の “おとっつぁん” 騒動は、大変なことになってるようですね。
タイトルをつけるとしたら。。。


『耳毛ジェット・ストリーム VS 整形アイ・ビーム』 ですか?


って、おめぇが一番ひどいじゃないか。。。
訴えられるぞこりゃ。。。(´ー`)┌

この勝負どっちに軍配があがるんでしょうか?
やはりあの自然発生的な現象とでも言いますか耳毛の方が、天然素材ですし、現代のナチュラル志向にもかなってますからねぇ~。
それに対して、見た目重視の、しかも男性の整形というのは、女性の危機感を誘発するだけでなく、将来性を考えると。。。
って、何の勝負だよ。。。
やっぱ訴えられっぞ。(オイ)


冗談はともかくとして、この話、とってもきな臭くないですか?
森珍一の場合、どう考えても事務所や、マネージャーなど、スタッフ周りのケアが出来てないだけのような気がする。
やっぱり、1970年代に著作権どうのって、そんなに厳しくは無かったんじゃないかなぁ。
結構、なぁなぁでも許されてた範疇かもしれない。
だから、ちゃんと管理してなかったんじゃないの?
ただ、それだけのような気がするが。。。

「おとっつぁん」は、1971年の作品だそうですが、冒頭にメロディ付きの歌詞がついたレコードは、1977年発売だそうです。
昨日、今日の話でないってことは、よくわかりますよね。
作詞家・山内のじぃさんが、訴えてきたというものの6、7年くらい前という話ですし、かなりのタイムラグがある。
じぃさんが、6、7年前に初めて気づいたのだろうか?
だとしたら、それまでの数十年は、お互い音信不通だったわけでしょう?
旧知の仲だったとしたら、年賀状だとか、コンサートに招待するだとか、連絡くらい取ってることもありうる。
はっきり言って、何のつながりも無くなってたとしか思えない。
そこにきて突然の “歌わせない” 発言だ。
誰しもがじぃさんがボケたのか? と思ったことだろう。
仮に、金欲しさからの行動だったとしよう。
じぃさんの年齢は、86歳。
棺桶に片足どころか、残り首しか出てないくらいどっぷり入っちゃった人が、金に執着しますかね?
裁判沙汰になったとしても、なんだかんだいって、金は出ていくばかりだと思う。
売名行為?
死ぬ前にもう一旗上げとこうとか?
無くはないが、良い事で名が上がるならまだしも、泥沼状態になるようなネタでは、汚名であり、作詞の依頼も難しいだろうに。


突如として、訴えてきた意図がわからない。。。
何故、今更。。。

もしかして。。。元女房・森マチャ子の策略とか。。。?
2006年の黒白歌合戦は、お互い出場したが、自分よりも、森珍一が歌っている時の視聴率の方が高かったからとか。。。

( ̄~ ̄)ううん ありえそう。(オイ)

森マチャ子の悪妻報道を打ち消す、キャノン砲が、あのじぃさんということか。。。?
やはり、耳毛ジェット・ストリーム砲(改)だったのか。。。
そう考えると、じぃさんの突飛な行動もうなづけるものがある。
しかも、 『オレの歌は歌わせない!!』 、 『人間失格である』 、 『会うつもりは一切ない』 という三連射の怒涛の攻撃で、芸能界からも吹き飛ばすつもりなのかもしれない。。。

お、おそろしや。。。
 
 
 
 
 
(  ゚_ゝ゚) { この物語は、全てフィクションです。 文中に登場する人物・団体等はすべて架空のものであり、実在する人物・団体等とは一切関係ありません。
 
 
 
 
 


|

« No.010 i love M - 070225 | トップページ | No.012 ミミだけですかい? »

2. 雑記」カテゴリの記事

コメント

やばいな、わたくしは出された料理に、塩とかぶっかけて食べるタイプ。。。
やっぱ、訴えられるわこりゃ。(´ー`)┌

あやさんにして、この子ありって感じだよね。。。
そろそろ吉本興業に入れる準備しておいた方がよさそうだ。( ´艸`)
でも、狸って、ハクビシン? とか、ローズってアフリカ系アメリカ人? なんて専門的(?)な問いかけをされる方が怖いかもしれない。。。

投稿: X子 → あやさん | 2007年2月27日 (火) 00:59

自分の作った物に後から何かを付け足されるのは、
なんだか自分の作った物が完成品として不十分だと
指摘されてる様で気分がよい物ではないよね。
一生懸命作ったフレンチやイタリアンに
やたらと醤油をかけられちゃう感じなんだろうなぁ。
チョットチガウカ 
でもきっと悪気はないんだろうね。
森君はたぶんただの天然。

そう言えば、天然と言えば・・・
『記事の内容と関係ないじゃん』
って思われちゃうかも知れないけど
今日、もう9歳になった娘に
『ねぇ、狸って熊?』
って質問されてちょっとショックだった_| ̄|○
去年ナイターを見ていた時の
『ねぇ、ローズって外人?』
って質問よりヤバイ度が増してきている気がする・・・。
恐るべしゆとり教育。←ヒトノセイニシトク
まぁ、記事との関連性は
『熊』
ってだけで関係ないことなんだけどネ。
ディープインパクトだったので誰かに話したかったんだ。
スンマセン

投稿: あや | 2007年2月26日 (月) 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69417/14050008

この記事へのトラックバック一覧です: No.011 ある日、森の中、熊さんに出会った:

« No.010 i love M - 070225 | トップページ | No.012 ミミだけですかい? »